くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

30代女性です。現在は給与所得で暮らしています。投資を通して経験したことや学んだことなどを記していきます。

外為オプションは本当は何をヘッジしているのかを考えた。

f:id:kuroyagi573:20180213223026j:plain

外為オプションについて書いた直近の記事はこれなのですが…

目覚まし(二度寝)FXやめました。 - くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

記事中で

ボリンジャーバンドで逆張りを狙うのは外為オプションにして、その逆に順張りするって感じです。(順張りトレードのヘッジを行うという意味で、本来のオプションの使い方になっているかもです。外為オプション)

いつかはある程度は戻ってくるんですよ。

ただそれが“いつ”なのか、“どの程度”戻ってくるかが難しい。

とか書いちゃってますけどくろやぎさん!

期日(満期)が決まっているオプション取引で「いつか」を狙っちゃダメでしょう!!…ええ。

 

つまりですねぇ、順張りトレードと逆張りのオプションの両方で利益を得られることもあれば、両方で損することだってあるってことです。当たり前ですけど。

 

例えば上の記事で書いているように23:00にユーロ/ドル1.8300未満(ドル高)ってのを選びますよね。

ってことはドル安方向に通常のトレード仕掛けてるんですけど、これが狙った利確ラインに達することのないまま、1.8300以上で23:00を迎えて、外為オプションでは予測が外れて購入金額分が損失となり、その後で1.8300未満となりどんどんレートが下がり通常のトレードの損切りに引っかかる

ってことがあり得るわけです。

(そんなこと考えればわかるよ〜って方もいらっしゃると思うのですが、なんというか基本的に実際やってみないとわからないバカですゴメンなさい…笑)

 

で、じゃあタイトルにあるように「本当は何をヘッジしているのか」って考えたら、

かけた時間に対して効率よく利益が得られない場合をヘッジしているのではないか

と思いました。

(なんかうまく言えてないんですが…)

説明しますと、通常のトレードにおいて利確ラインに達するまでに時間が長くかかった場合に、それよりも短い時間で、つまり値動きが小さくて利確ラインに達さなくとも利益が得られるチャンスがあるのがオプションだってことです。

 

そう考えると、上の記事のように1枚491円で買ったオプションの満期時の利益が1枚につき1000-491=509円となるようなミドルリターン取引ではなくて、

こういう戦略になります↓

f:id:kuroyagi573:20180213225237p:plain

この時通常のトレードもドル高方向に仕掛けます。例えば15pips取りたいとして、3時間で利確ラインに達さなくとも、その3時間以内に外為オプションでは利益を得られるチャンスがあるということになります。

1枚623円で買うので満期時の利益は1枚につき1000-623=377円のローリターン取引です。ちなみにこれがローリスクかっていうとそうでもないと思います。(それでもなんとなく700円代のオプションが予測が当たる確率が高いような気もしないでもないですが全然計算していませんすみません)

 

何故ローリスクでないかというと取引開始から満期まで3時間もあるからです。値動きというのは基本読めないものです。

 

例えば以下のように動くことが稀ではありません↓

f:id:kuroyagi573:20180213225732p:plain

(ここで利確してしまいましたが…)

 

f:id:kuroyagi573:20180213225729p:plain

ああやっぱもっと下がったよ〜(-.-;)

 

と思ったら戻ってきた…っ

f:id:kuroyagi573:20180213225734p:plain

もうこうなって来ると(もしもオプションを売却せず持ったままだったとしたら)早めに撤退するか、運を天に任せて満期を待つかになってしまいます。

運を天に任せるトレードはそろそろ卒業したいw

 

GMOクリック証券のサイトを参照すると、3通りの戦略が紹介されていますが

www.click-sec.com

本日紹介した戦略はこのうちの3つ目に当たりますね:

ボラティリティが低く、相場に動きがないと想定される場合に効果的な取引方法です。
一定時間後に、現在のレートからあまり動かないことを予測し、現在のレートから近い権利行使価格のオプションを購入します。
予測の当たる可能性の高いオプションではありますが、その分ペイアウト倍率が低くなります。

 

さて、先ほどの23:00にユーロ/ドル1.23500未満のオプションですが、結果は予測通りでした。

通常のトレードでも同じなんですけど、利確が早く損切りが遅くなる問題はやっぱりありますね。。。

SBI FXトレードで積立FX始めて1年が経ちました。

前回の記事はこちら。

SBI FXトレードで積立FX始めてみた。 - くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

f:id:kuroyagi573:20180209200151j:plain

あれからちょうど1年経ったんですねぇ。

振り返ってみると…

マネーパートナーズの「パートナーズFX nano」で豪ドルとNZドルを基本スワップ狙い、時々値上がり益狙いというスタンスでやっています。

合計でレバレッジ3〜4倍程度になってるかと思います。

1年前はそんなことやってたんですねぇ!!

この後含み損に耐えきれなくなって損切りします)

 

こんなことも書いていましたが

くろやぎはこの際、豪ドル、NZドル以外にチャレンジしようと思い、南アフリカランドを選んでみました。

くろやぎは、月間1万円相当の南アフリカランドを投資効率2倍で毎週購入することにしました。

上記の通り豪ドルとNZドルは全決済しましたんで、スワップ狙いのポジションが南アフリカランドだけなのもどうかと思い、その後豪ドルとNZドルもSBI FXトレードでコツコツ買って参りました。(これらも投資効率2倍の設定にしました)

 

さて、現在の口座状況です↓

f:id:kuroyagi573:20180209200158p:plain

 

あれっ

先週まで3通貨ペアともプラスだったのになぁ…(^_^;

この積立FXの良いところは、含み益が出ているとその分が買付余力になりますんで、毎月入金しなくとも、どんどん再投資してくれるところなんですがね。

こんな感じで評価額が下がってしまうと、余力に気をつけねばなりません。

 

まあそれでも、ドルコスト平均法は上がっても下がっても眺めているのが心理的に楽で良いですね。

というか、こういう「眺めているのが心理的に楽」な口座状況っていうのは恐らく、個々の人それぞれだと思うんです。

自分にとって心理的負担が少なく持ち続けられる方法とか、自分にとって納得や満足のいくやり方を見つけていくのも投資が上手くなるのに大事なことなのかなぁと、投資経験約4年でようやく実感としてわかってきたこの頃です。もちろん上手い人の真似をしたりやり方を取り入れたりは大事ですが、全くの他人の真似で上手くいくわけではないのは、この個々人の心理的な要因が関係してくるのかなって。

 

スワップ派の皆様、積立FX始めてみませんか?

SBI FX TRADE 口座開設はこちら

SBI FXトレード

スキャルピングのエントリーのやり方を変えたら劇的に成績UP・・・するはずだったんだがあれ、おかしいな其の二

前回の記事はこちら。

スキャルピングのエントリーのやり方を変えたら劇的に成績UP・・・するはずだったんだがあれ、おかしいなという話。 - くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

f:id:kuroyagi573:20171225205541j:plain

ちなみにスキャルピングの厳密な定義知りませんがくろやぎは5分足でちまちまやってます。

 

1月も引き続き、ユーロ/ドルが2回同じ方向に動いたら逆向きにエントリーするっていうのをやりましたよ。

 

結果↓

1月1日〜1月26日のユーロ/ドル取引

 新規取引数量合計:339万

 損益合計:5964円

となりました。

 

おお〜

カタログギフトもらえる300万通貨取引を達成しつつ初めてプラスになりました!!

 

と、思ったらですね。

実はその後の結果を足し合わせると…

1月1日〜1月31日のユーロ/ドル取引

 新規取引数量合計:448.5万

 損益合計:-7887円

となってましたーー。

 

あれれ〜〜!?

 

300万通貨達成したところでやめておけば良かったんじゃないかと思うんですよね。

多分そこまでは取引回数を稼ぐことも目的のうちなので、心理的に、損切りに引っかかる前に撤退したりとかできてたんじゃないか…

とか思ってたんですが取引履歴を見てみるとそうでもないようです。謎だー

 

まあ今月また頑張ります。頑張りますというか、頑張っちゃダメな気がするんですけどね。スキャルピングでカタログギフトはあくまで「オマケ」という心構えで、他のくるくるワイドとか積立FXとかで着実に増やして行きたいですね。

くろやぎさん、家を買うことの意味を考えた。

前回の記事はこちら。

くろやぎさん、家を買う。 - くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

f:id:kuroyagi573:20180131215741j:plain

突然ですが、家って大きな買い物ですよね!

前回書きましたように

永遠のテーマである「賃貸派vs持ち家派」論争

というものがあると思いますが、賃貸派にとってはローンや固定資産税を払い続けなければならないことは勿論、簡単に売却して引っ越すことができないなど、持ち家はリスクでしかないと思います。

特にこれから人口が減少していく我が国においては、家は余っていきます。

品物が多くて買いたい人が少なければ値段は下がる。これは当然です。

ですから、以前は「持ち家は資産になる」と言われていましたが、これからの時代はそうはいかないのではないか、と言われていますね。

 

では持ち家派にとってはどうでしょう。

「自分の家(城)を持ちたい」という人は特に男性に多いのかもしれませんが、女性にもいると思うんです。というか、親世代の専業主婦たちは、夫が稼いでローンを払っているマイホームであっても「自分の城」という意識なのではないでしょうか。

その世代の専業主婦たちは、夫が朝早くから夜遅くまで会社で仕事をしている間に、家やその周囲の掃除やメンテナンスは勿論、庭に花を植えたりハーブや野菜を育てたり、フラワーアレンジメントを習ってきて家の中も季節毎に花で飾ったりと、文字通り家を守り、住み心地の良い空間作りをしていたのですから。(フラワーアレンジメントのくだりはうちの母のことです)

 

ところが、時代は変わり、上記のような、夫が会社で長時間労働をし、妻が家で家事や育児をするというモデルはすっかり時代遅れとなりました。これは国の方針転換が大きいと思うんですけどね。

そうなると、共働き夫婦にとっては、駅から遠く通勤に不便でメンテナンスにも手間がかかる戸建てよりも、利便性の高い住まいを選ぶのでは、と言われています。利便性を求めるとどうしても駅の近くのマンションになってしまうと思います(持ち家、賃貸に関わらず)。だって戸建てって一定の面積内に住める人数超限られますものね。

 

稼ぎ手の夫&専業主婦モデルの親世代が買った郊外の家に、子世代(ちょうど今の30代前後の私たちのことでしょうか)はもはや住まない。人々のライフスタイルの変化によって不動産(マイホーム)の価値は大きく左右されるっていう旨の本を読みました。

この本で指摘されている通り、くろやぎの実家は駅からバスの出ている郊外の新興住宅地にあります。駅からは東京まで電車で1時間ちょっとといったところでしょうか。ただ、今回物件を探していると、駅からバスで20分とかってとこに新興住宅地があるケースも数多く見かけたので、駅から徒歩20分の戸建てを選んだのはまあ英断でしょう。(子供が歩いて駅まで行けるところ、と母が主張したそうです)

専業主婦の母が駅まで送り迎えをしてくれて、小学校高学年から塾に通い中高一貫の学校に通ったのも、中学から地元の学校に行かないことによって、子供にとっては「地元の友達」という存在が極端に少なくなるのもご指摘通りです。そのことが、子供世代が地元の親の家には住まないことの要因の一つであると。

 

(余談ですがうちが他所のお家と違ったのは、父がサラリーマンでなく会社を一人でやっていたので、朝は遅くまで家にいるし、夜は早くから家にいて酒を飲んでいるという点でした。母がよく「他所のお父さんは朝早くから出かけて偉い」と言っていたのを思い出します。私もそれに同調していましたが、今となっては会社をやっていた父と他所の会社勤めのお父さんを同列に並べて言ってしまったのは筋違いだったと反省しています。)

 

まあそれまでマンションで子育てしてた母からしたら、“子供が玄関にランドセルを投げ出してすぐに外に遊びに行ける家”で子育てしたいということだったようです。

そして、「ローンを組んででも、子供が玄関にランドセルを投げ出して遊びに行く年代の時に、戸建に住むのが大事だ」というのが母の持論でした。犬も飼えましたしね!

 

私にとっては子供時代を過ごした思い出深い家ではありますが、確かにそのエリアを「地元」だとはあまり思っていないのです。中高時代の友達と過ごした街(友達が色々なとこから通ってますから自ずと複数になります)が地元という意識。

上述のように母がメンテナンスして住み心地よく維持してきた家なので、あくまでも親のものだと思っています。

 

長くなったので「持ち家派」のくろやぎの主張はまた次回にします。

ただここまで書いてみて、親の考えの影響が大きいこと、というかその親の考えのおかげで楽しい子供時代を送れたことが、くろやぎが「持ち家」への良いイメージを持っている要因な気がしますね。

くろやぎさん、家を買う。

f:id:kuroyagi573:20180123210216j:plain

※こんな立派な家じゃないっすよ

 

不動産についての一番最近の記事はこれでしたね。

東京都内のワンルームマンション投資の物件選びをぼちぼちやっています。 - くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

 

この時は「物件選び」と言っても、投資用マンション選びでした。

くろやぎはとある東京の隣の県住みなのですが、投資するなら東京という話を以前書きました。

いよいよマンション投資に挑戦しようと思う① - くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

高額買取されるゲームやブルーレイのソフトみたいですね。

とか書いてますね。懐かしい(笑)

しかし、一応女性ですから、基本一人が好きなオタクなんですけど、今後の人生何があるか、誰とどこに住んでどんなところで働くことになるかわかりません。

それに、自分が住む家を買うというのは、借りるのと比べて容易に引っ越せないなど、やはり何かあった時のリスクにもなり得ます。 

って言ってたんですけど・・・

今回それよりも定住できる家を買う選択をしました。

理由は既にこの時書いてるんですけど

荷物が多すぎて引越しにすごくコストがかかるということと、自分も疲れるし、何より引越しの度に大事なモノたちもボロボロになっていく…

そんなある時、自宅のポストに「今の家賃と同じくらいのローン返済で、近くのマンション買えますよ」というチラシが入っていたんですね。 

3年振りに異動が決まりまして、やっぱりこの問題はずっとついて回るということを思い起こしました。

といっても、3年前はDVDだのブルーレイだの買い込んでたんですけど、その後アニメ見るのがアニマックスとかファミリー劇場(専門チャンネル)やSHOWTIME(動画配信サイト)とかが主になったので、ソフト自体は割と処分しても良いかなと思うようになりました。CDもそうです。実際聴くのはPCとか携帯プレーヤーで、CDを再生して聴くということが滅多になくなってしまったんです。この辺りは、好きなものは昔から変わらないんですが、楽しみ方が変わったということですね。

 

なので引越しに向けて一旦は漫画やDVDを整理することを考えました。実際に結構中古屋に売りました。そういう作業も、ネットで申し込んで宅配便で取りにきてもらうというお手軽っぷりです。どんどん買ってどんどん売るというのも昔なら考えられなかったなぁ。

 

それでも、捨てられないものがたくさんあったんですね。やっぱり、滅多に見なくても、「これが好きだ」っていうものは手元に置いておきたいんです。

 

というわけで、最初は中古マンションを探しました。賃貸でも良かったんですけど、家賃払い続けるならローン返す方がいいかなと。ここら辺は好みですよね。永遠のテーマである「賃貸派vs持ち家派」論争。

で、探してるうちに、どうせ買うなら戸建じゃない?という気持ちが強くなってきました。

ここら辺も好みだと思うんですけど、前後左右上下(上上下下左右左右みたい)に人が住んでるのが苦手っていう母に似たんだと思います。

あと別荘とかにするなら高層階も素敵だなと思ったんですが、普段暮らすには地面までエレベーターでだいぶかかるとかあまり好きじゃない・・・地面の上に住みたい!

 

ただし流動性や貸しやすさといった点で考えるとやっぱりマンションが有利なのかなぁとは思います。

 

あとは、自分のライフスタイル(もちろん一人暮らしの、です)に合った間取り、人が呼べるように駐車スペースは2台分以上、隣との間にある程度余裕がある、しかし庭が広すぎると手入れが大変なのでそこそこで・・・

それから公共交通機関が使えるところ・・・というのは駅から徒歩10分以内か、20分以内で駅までバスでも行けるところetc.(あんまり長く歩けないんですよね性格的に)

で、探しました。

 

あと大事なのはやっぱり地形!ですよね。

東京都内のワンルームマンション投資の物件選びをぼちぼちやっています。 - くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

上記の記事でも書いてました。

だから不動産投資やるのに、土地勘のある街でというのは大前提だけれども、更に地形とか路線といった地理が好きな人や、街の歴史に興味がある人とか、そういう人がやったらいいんじゃないかなって思うんです。

正直、めっちゃ楽しかった・・・(^o^)

 

地形を見るのにお世話になったサイトは、こちらです。

jibangoo.jp

・浸水の可能性

・地震による揺れやすさ

・液状化の可能性

などが地図上で色分けされて、一目見てわかりやすいです。

ただ便利なところっていうのは坂の上の高台とかじゃなかったりするわけで、利便性と災害への強さの兼ね合いっていう点はだいぶ悩みましたね。