くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

30代女性です。現在は給与所得で暮らしています。投資を通して経験したことや学んだことなどを記していきます。

くろやぎの2016年を振り返る。

さらに引き続き、くろやぎのこれまでの財政を振り返ります。

赤字は現在の自分からのコメントです。相変わらずツッコミどころ満載です。)

 

6月

・Brexit騒動でポンド暴落…20円くらい下がった。その後、なんだかんだでFXの含み損は10万円を超えていた…損切りできなかったどころか、一時的にポンドが上がったところでまだ買いポジション持とうとしていた(値動きが激しすぎて約定しなかった)危険…反省!

この頃はトレードしてもうまくいかないので、やり方を変えてスワップポイントを狙おうとしていました。豪ドルとNZドルは持っててもいいとして、ポンドは円に換算するとやはり大きいので証拠金が結構必要なんですね。そうすると他にポジションが持ちにくいです(資金効率が悪くなる)。加えてこの値動き!しぬ!!(こんな歴史的な一大事の時以外でも十分値動き激しいです。証拠金を追加して乗り切りました。)

 

7月

・信用取引に手を出す。

証券会社の、「塩漬け株を利用してETFを買いましょう」って文言に完全に釣られますた。

 

8月

・日銀がETF買うよってのにつられて、ETF買って失敗。

信用取引では、資金を借りて取引するので手数料の他に利子みたいなの(金利)を払わなくてはなりません。今となってはインデックス投資は長期保有が基本だと思うので、信用取引とは合わないのかなと感じています。(更に言うなら、インデックス投資をETFでしようとしても、上場しているので取引がしやすい反面手放しやすいのでくろやぎはなかなか長期に持てません。)

 

9月

・文教堂の優待(現金払いで割引になる)をもらってたのに、電子マネーで本買ってやがる。

株主優待でもらえる割引券には意外とこの「現金払いに限る」ってのがあり、自分にとって使いやすいのかどうか検討した方が良いと思います。文教堂の株価はその後、ノーベル文学賞の話題に振り回されてえらいことになっていた。手放しておいて正解(^_^;

 

10月

・マネーパートナーズの証券口座でETF買ってFXすればいいんじゃねと気づく。スワップ+取り引きで利益出せるといいな。ちょっと真面目に取り組み出す。 BSのアニメを見はぐった時に、ここから出た利益を動画配信サイトの料金に充てたい。

7月の逆で、ETFは現物で持って、代用有価証券として使うという方法です。ETFは「市場の平均値」への投資ができるので、個々の株を保有して使うよりも値動きが小さく、証拠金として使うのに安定していて良いのではと思ったのでした。

ちなみにBSのアニメはくろやぎ宅では録画できなかったので、夜中にリアルタイムで見る必要があったのですが、家にいなかったり、うっかり寝てしまったりした日もありました。その分を動画配信サイトで見ていました。アニメ見るためなら多少トレードの勉強して頑張るんじゃないかと思ったのですが、くろやぎはあまり突き詰めて勉強できませんでした。

 

FXの取り引きのスタイルについては別のエントリで書こうと思いますのでここでは省略致します。