くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

30代女性です。現在は給与所得で暮らしています。投資を通して経験したことや学んだことなどを記していきます。

交通系ICカードと家計簿アプリ・クラウド会計との関係。

みなさま、家計簿つけてますか?

くろやぎは家計簿アプリ「マネーフォワード」のおかげで、医療費控除を申告するのにちゃんと交通費を含めることができそうです。

 

家計簿アプリ「マネーフォワード」を利用し始めた頃は確か、交通系ICカードは自動で連携できなかったので、

チャージする側のクレジットの明細で「オートチャージ 3000円」みたいに出てきたら交通費として支出に含める

というやり方をしていました。

しかし実際にはICカードで交通費以外を払うこともあるわけで。まあ予算管理のために大体の使い道がわかればいいかと思ってそうしていました。

 

現在は、「ICカードリーダー by マネーフォワード」というAndroid用アプリでICカードの利用履歴を読み取って、マネーフォワードに反映させることができます。そのおかげで、オートチャージした時でなく、その後に実際に交通費を使った額がわかるようになりました。

 

もうそろそろ確定申告の書類を揃えなければなりませんね。最後に残した領収書貼る作業を粛々とやっていこうと思います。

 

 

ちなみにこの「ICカードリーダー by マネーフォワード」は、MFクラウド経費に利用履歴を反映させることもできます。もちろんMFクラウド会計に連携できますよ。

個人事業主の方(もちろん企業の方も)で頻繁に経費で交通機関を使う場合には、便利なんじゃないかなと思います。(…が、有料なので、くろやぎは現在のところは見送りです。モバイルSuicaならばMFクラウド経費を利用しなくても直接MFクラウド会計に連携できますので。)

 

MFクラウド経費ではその他に経路検索から交通費を登録したり、領収書を専用アプリでスキャンして取り込んだりもできるそうです。

 

MFクラウド経費はこちら。

MFクラウド会計・確定申告はこちら。

 

それからこんな本を読みました。

MFクラウド会計の一通りの機能の使い方がQ&A方式で易しく解説されています。