くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

30代女性です。現在は給与所得で暮らしています。投資を通して経験したことや学んだことなどを記していきます。

ブログを始めて1ヶ月経ったのでGoogle AdSense申請してみた。

f:id:kuroyagi573:20170223222524j:plain

結論から申し上げますと、審査に時間はかかりましたが無事通りました。

しかし、申請するにあたって色々と考えることがありました。

それは…

他人からお金を頂いて活動することについて

と言ってしまうと身も蓋もありませんが、これは当ブログの方向性にとって大事なポイントだと思ったので考えたことを記しておくことにします。

 

当ブログは「オタクの夢を叶える」と銘打っております。

夢を叶えるためにお金、というか資産が必要なんです。そのために始めた投資であり、このブログも、自分の目的や目標のために書き始めたものです。それが、読んでくださった方にとっても結果的に役立つことがあったら嬉しいなというものですから、オタク趣味のことをメインにしている訳ではなく、もっと様々な読み手の方々に向けて書いているつもりです。

 

けれども、一方で従来型?のオタクを自負しているくろやぎとしては、より多くの人にウケるもの、見てもらえるものを目指したいわけじゃ実はないという気持ちがありまして…

 

最近の日本、いえ、もはや世界でオタクは特殊な存在ではなくなってしまい、通常の大量生産大量消費の、資本主義社会の消費者の一員として扱われている感がすごくしています。

偏った見方かもしれませんが、かつてオタクが「自宅に籠って好きなアニメや漫画やゲームばかり」で、外へ出ない、人と交際しない、つまり消費しないと思われていた頃は、世間での扱いも「理解しがたい」「特殊な存在」だったと感じます。時にはひどい扱いようだなと感じることもありました。

しかし、近年すっかりオタクの購買力、つまり好きなものにお金をかけるところがすごく狙われてるな、消費者として扱われているなと感じます。その頃から世間からの風当たりも弱くなってきたように思うのです。

 

もちろん何の統計も取ってないのですが、おそらく実際は従来型?のオタクの割合はそう変わっておらず、もともと通常の消費者だった人たちが、オタク趣味を持つようになった、その層の広がりだと思います。というのも最近の(広義の)オタク達の間では明らかに「流行」「人気」といった現象があるように見えるのです。「流行っているから」「周囲との会話についていくために」アニメを見る、という人々が実際どのくらいいるのか、実はくろやぎの周囲にはあまりいないためよくわからないんですけど。

「流行など関係ない、自分が見たいものを自分で探すだけだ」という従来型?のオタクが相対的に目立たなくなってきたのではと思うんです。(そのために風当たりが弱まったのだとしたら助かっているところもあるのかもしれませんが)

 

ここで、「他人様からお金を頂いてモノを書く」ことについてです。

くろやぎの実家には「(ひとのやることに)金を出すなら口も出す」という格言というかルールみたいなものがあります。(もちろん家族内でも適用されます)

裏返せば、「金出してもらったら口出されることを受け入れよ」ということです。

これはそのまんま社会のルールだと思うのです。

 

で、広告費を出す側としてはより多くの人にウケるもの、見てもらえるものを求めているはずです。

加えて、もちろん色んな制限がついて回ります。Googleさんのポリシーは特に厳しいと思われてるようですね。*1

Googleさんのポリシー自分のブログの目的どっちを優先させるかって選択をしなければならないことがこの先出てくるかもしれません…

というよりは、自分のブログの目的の中で「オタク」と「夢を叶える」のどっちを優先させるかということですね…よく考えてみると。

 

と、ここまで書いてきて思いましたが、

最終的に自分の資産を十分作って自由になりたい。

これがもともとの目標でした。

なので今はまだ「自由を追い求める」とか言ってる場合じゃないです自分(^_^;

 

それとは別に、制限、枠組みがある中で自己を表現するということも、よくよく考えてみればとても大事なことですよね。

 

と、いうわけで、方向性は固まりました。せっかく承認頂いたGoogleさんのポリシーですから、これに沿ったブログ作りにこれからも邁進して参りたいと思います。

本日はこのような自分語りにここまでお付き合い頂いた方々、ありがとうございましたm(._.)m 

 

ブログカスタマイズとか、広告の貼り方とか、諸々参考にさせて頂きました。

*1:とはいえ、申請してみて感じたのは、「Googleさんはコンテンツを表面上でなく、ちゃんと中身まで見て審査してくださっているんだろうな」ということです