くろやぎの投資でオタクの夢を叶えたいブログ

30代女性です。現在は給与所得で暮らしています。投資を通して経験したことや学んだことなどを記していきます。

婚活は(私にとって)投資なのか。

f:id:kuroyagi573:20191115214036j:plain

皆さまこんばんは。突然の婚活話です。

くろやぎは実はかれこれ2年程婚活をしています。

(おいくら費やしたなんて相場に総額いくら持ってかれたかくらい計算したくない…)

今のところ実りはありません。

あんまり真面目にやってないのでブログやプロフとかに書くのもどうなんだろう

とか思って伏せてたんですが、

何かの拍子に「これってある意味投資なんだろうか」と思ったのでこれを機に考えたことを書いてみることにします。

 

始まりは某結婚相談所①の体験に行ったことでした。

そこは今思うと効率よくマッチングにつなげるって感じで、試しに見せてもらった会員を検索する画面で細かい条件が色々選べるようになっていたのを覚えています。

説明されなかったけど障害者手帳の有無とかって項目もありまして、へぇえと思いました。確かにそういった方々の需要もありますものね。

 

しばらく経った頃、某結婚相談所②のネット診断みたいなのをやりました。

それを機に説明を聞きに行ったんですね。

そちらでは、条件で選ぶというよりは、ご縁を繋ぐのが結婚相談所で、お相手と出会ってからは自分たちで関係を築いていくんだというようなお話をされました。そういうコンセプトのところなんですね。

で、私にとってこれまで職場なんかで出会った男性たちは、あくまでも仕事仲間として見ていて、異性として相手を見るというアンテナがまだ立っていない状態ですね、と指摘されました。

 

…確かにそうです。

小学生くらいまでは〇〇君カッコイイとか面白いとか、まぁ小学生レベルの「好き」ですが、クラスの男子に対してそういうのがあったような記憶があるのですが、

それ以降は特に男性を「異性として好き」になったことないんですよね。

(告白されて付き合ってみたことは何度かありますが。。。)

 

なので、最初はそのアンテナを立てるために、と言われて、そうだなぁと納得して始めたのでした。

 

結果は…

アンテナは立ちました。が、女性に対してでした。

なんかアクセサリーとか、髪とか、爪とか、綺麗にしてる女性が素敵だなって思うことがあるんですけど、

それって自分にない要素だから素敵だなと思っているわけで、ある意味「異性として」惹かれてるんだと思います。

(そういえば二次元でも中性的な男性キャラとか綺麗な女性キャラが小さい頃から好きでした)

逆に男子や男性に対しては、小さい頃からその中に紛れてて自分は違和感ないというか、異性だという感じがしない…で、職種も男性が多く、男性と同じように働ける職を選びました。結果仕事は毎日楽しいです。

 

でも性自認は女だし、はっきりとビアンだと思ったこともないんです。

 

…はっ、なんか気づいたら婚活と投資の話から離れている(^_^;

 

で、話を戻しますと、まぁそれでも恋愛と結婚って全くのイコールじゃないし、恋愛をメインにするわけじゃないし、結婚相手というか、パートナーとして良い人に出会えたら良いのかな

ってスタンスでいます。今のところ。

 

婚活は投資になっているかというと(私にとっては)とてもなっていると思います。

好きなアニメや漫画の話しかできなかった私が、一通り初対面の方と話すこと(仕事のこととか、住んでるとことか、趣味とか)ができるようになりました。いや、話すというよりは、質問が大事なんですよね、会話には。

一通り質問ができるようになって、初対面の方と出会うこと(お見合い)がだいぶ苦じゃなくなりました。

やってみればこんなのはパターンを覚えて練習すればある程度できるんであって、まぁすごく上手い子とか友達にいるけど、そういう子と比べて自分は下手でダメなキモオタだなんて落ち込む必要は全然なかったわけです。

 

すごい自己投資!!

 

あとはいかに自己開示、特にオタクであるとことと腐っていることを開示できるか、な気がしています。

腐っていることと異性愛または結婚は様々な実例から一応両立は可能だと思うんですが、腐っていることを隠して異性愛または結婚を成立させている方もいますし、開示している方もいますよね。

あと私の場合は少年や青年の役をやる女性声優さんが好きだということ。。。

(これも女性役も好きですけど女性として好きなわけではないのでやっぱり同性愛傾向とは違うと自分では思っている…ややこしい)

 

私としては、そういうことをわかった上でパートナーになってくださる方と一緒にいられる方が幸せなのかな、となんとなく思っていますが、どうなんでしょうね。

隠して成立させるということもできるのでしょうが、相手に何か隠して付き合うと結局色々なことを隠してしまう気がします。(前に付き合った人との関係がそうでした。と言ってもあくまでも私が開示しなかったことが原因なのです。彼が「そういうことは勝手にやれば」というスタンスで心が折れたのだとしても、それでも自分がわかってもらいたいと思うのであれば、わかってもらおうとしなくてはならなかったのではないか、と今では思っています。)

 

まとまらなくなってしまいましたが、今のところ色々視野が広がって考える材料にはなっているようです。

でも、新たな方とお会いするのにいちいちお金がかかるので◯人分会わなかったら今月この銘柄買えたよな、とかは思ってしまいます(^_^;)

 

あと所属している結婚相談所②が最近IBJ(6071)に吸収されたっぽいのでこの銘柄を狙っています(笑)

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

ここ1年間のチャートです。

f:id:kuroyagi573:20191115222154p:plain

概ね右肩上がりであります。

 

企業沿革を見ると、ヤフー株式会社から独立したんですね!知らなかった。

www.ibjapan.jp

 

 

 

ところで余談ですが私的に謎なのが50歳前後の方で「子供が欲しい」という方が、「(子供は)どちらでも良い」にしている私にお声掛けくださることがちらほらあるということです。

男性にとっても(明確でないとしても)リミット的なものはあるわけですから、そのご年齢で子供が欲しいのであれば「子供が欲しい」という方にアプローチしては、と余計なお世話ながら思ってしまいます。年齢的にはもうすぐ30代後半なので、「子供が欲しい」と言っている女性ならば「なるべく早く」と思っている可能性もあると思うのですが…

この辺は私はどうしても合理的に考えてしまいます…が、申し込んでくださる方々は何か全然違うことをお考えなのかもしれませんね…